« 連日の猛暑で車が“自然発火”3カ月で60台も…中国 | トップページ | 相次ぐ“猛暑事故”テレビで注意喚起 中国 »

2013年8月 5日 (月)

「障害ある」と親だまし、新生児を人身売買 医師ら6人拘束 中国

 
 

中国で、病院の医師が、親をだまし、赤ちゃんの人身売買を行っていたことがわかった。
中国メディアによると、7月中旬、中国・陝西省の病院で、男の子を出産した女性と家族に対して、病院の医師が「新生児には、先天的な病気や障害がある」と、うその告知を行い、治療を放棄し、病院側に処置を任せるよう仕向けた。
実際には、男の子に障害はなく、男の子は翌日、医師によって、およそ35万円で、人身売買グループに売り飛ばされていた。
母親は「子どもが死んだなんて、信じられない。泣き声も聞いたわ」と話した。
不審に思った家族が届け出て、警察が捜査した結果、男の子は、河南省で無事保護された。
この病院は、ほかにも人身売買が疑われる事例が5件あり、警察は、事件に関わった医師ら6人を拘束して調べている。

 

「障害ある」と親だまし、新生児を人身売買 医師... 投稿者 dengekinetwork

|

« 連日の猛暑で車が“自然発火”3カ月で60台も…中国 | トップページ | 相次ぐ“猛暑事故”テレビで注意喚起 中国 »

すげー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。