« かつて東北地方で活躍したSLが38年ぶりに復活 記念式典には山田洋次監督も出席 | トップページ | 三菱UFJ“自作自演” 介護改定 子会社が立案、親銀行が利益 »

2011年6月 5日 (日)

東日本大震災のチャリティーとして、F1マシンが横浜の街並みを疾走しました。

 世界最高峰の自動車レース、F1のマシンが、神奈川・横浜の街並みを疾走しました。
 その迫力のモンスターマシンを、永島昭浩キャスターが実際に体感してきました。

 日本の公道で初めて、F1が走るということで、多くのファンが横浜市元町に詰めかけた。
 震災のチャリティーとして行われた今回のイベント。
 F1参戦中、「トロ・ロッソ」のセバスチャン・ブエミ選手がハンドルを握った。
 そして、マシンがごう音とともにスタート。
 1万人を超える観客の熱い視線を集め、疾走したF1マシンは、日本初の公道での走行を成功させ、被災地にもエールを届けた。
 観客は、「(どうだった?)(音が)ブーン、ブーン聞こえた」、「音しか聞けなくって。だけど、その音がすごくて。こういうのが、公道で初めてやるというのが、復興の支援になればいいなと思います」と話した。
 安全の都合上、ゆっくりとした走行だったが、F1のエンジンの音は耳だけでなく、体全体に響いた。


東日本大震災のチャリティーとして、F... 投稿者 dengekinetwork

|

« かつて東北地方で活躍したSLが38年ぶりに復活 記念式典には山田洋次監督も出席 | トップページ | 三菱UFJ“自作自演” 介護改定 子会社が立案、親銀行が利益 »

すげー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。